お知らせ

お知らせ

<<戻る

お知らせ2022-08-30 【Q&A②】在宅医療・介護連携推進事業研修会 第4回「判断能力が不十分な方の意思決定支援」

下記のとおり、第4回の研修会講師への質問がありました。
質疑応答を共有しますのでご覧ください。


Q 申し立てが済んでいて成年後見制度利用されている方への介護支援専門員の関わり方を教えてください。(介護支援専門員)

A ご質問の記載を読むとすでに成年後見制度(法定後見の後見および保佐、補助)の申立ては済んでいるとのことのようです。
ケアマネジャーとしては、本人情報シートのみの作成を行えば良いということではなく、成年後見人等(または保佐人、または補助人)の選任後には、是非、連携し本人の支援を行って頂きたいと考えます。
そして、意思決定支援は成年後見人等の権限で成年後見人等のみが意思決定支援を行うのではなく、利用者本人の抱える様々な権利擁護に関わる生活課題に対して、ケアマネジャーも含め関わっている専門職がチームとなり、利用者本人の意思決定支援に関わって頂きたいと考えます。

<<戻る
相談センター南大類のご案内
 
サービス内容

主に医療介護関係職種の方の相談をお受けしています。

相談への対応は看護師、社会福祉士がお答えします。

営業時間
9:00~17:00
お問い合わせ

027-395-0102

午前9:00 午後17:00

土、日、祝祭日、年末年始はお休みとなります。

ご相談は社会福祉士がお受けします。

 

〒370-0036 高崎市南大類町200-2 2階

高崎健康福祉大学訪問看護ステーション内

027-395-0102 027-395-0147

ページトップへ