お知らせ

お知らせ

<<戻る

お知らせ2020-11-27 【質疑応答】在宅医療・介護連携推進事業研修会 第1回「排便について」にて

お世話になります。
動画配信型研修会では、視聴された方からの質問とその回答を皆さまと共有いたします。

【森田先生への質問】
排便後、血圧低下により、冷や汗、意識消失する状況の方
失神は防ぐことができるのか。(介護支援専門員.女性)

【森田先生からの回答】
ご質問ありがとうございます。
高齢者の方で、排便後に失神することは時々あります。そのときは、大体「迷走神経反射」が起こっていると思います(小学生が朝礼時に倒れるのも同様です)。排便の過度の刺激で脈拍が落ち、頭に血液が届かなくなる状態です(脈拍が落ちることにより結果として、血圧も下がります)。起こった際は、横になってもらい、(頭に血液が行くように)足を上げる姿勢をとってもらうとよいと思います。
便秘が続き、一度に多くの量を排便すると余計に失神しやすくなるかもしれません。腸管が伸展することにより、迷走神経反射が惹起されます(実は腹部の手術中にも腸管を引っ張ることなどにより、時々起こります。手術中はモニターが付いているので、みるみる脈拍が落ちていきます。)。日々の排便コントロール、適度な水分摂取(脱水予防)が重要だと思います。

<<戻る
相談センター南大類のご案内
 
サービス内容

主に医療介護関係職種の方の相談をお受けしています。

相談への対応は看護師、社会福祉士がお答えします。

営業時間
9:00~17:00
お問い合わせ

027-395-0102

午前9:00 午後17:00

土、日、祝祭日、年末年始はお休みとなります。

ご相談は社会福祉士がお受けします。

 

〒370-0036 高崎市南大類町200-2 2階

高崎健康福祉大学訪問看護ステーション内

027-395-0102 027-395-0147

ページトップへ