お知らせ

お知らせ

<<戻る

お知らせ2021-04-01 在宅医療・介護連携推進事業研修会 「眼科疾患について」質問への回答

【質問者】
 介護支援専門員(ケアマネジャー)

【質 問】
 白内障の手術を1度行い、何年か経ってまた2度目の手術ができるそうだ、という話を聞いた事が
ありますが、実際そういう事はあるのでしょうか?

【講師より回答】
 白内障手術は片眼につき1回のみです。
手術をすると水晶体がなくなるので、もう白内障にはなりません。
手術してしばらくすると、手術の際にのこした水晶体嚢とよばれる水晶体の袋がにごることがあります。
これを後発白内障といい、外来で5分程度のレーザー治療で治ります。
おそらく、このことを2回目の手術と行っているのだと思います。
また、白内障手術後に多焦点レンズに変えたい場合や、度数がずれて見えづらい場合に、2枚目のレンズを入れる治療もあります。
アドオン眼内レンズと言いますが、自由診療になり、この治療を行っている施設は全国でも多くありません。(だるま眼科 田邉医師)

質問くださった参加者、ご回答いただいた田邉先生、どうもありがとうございました!

<<戻る
相談センター南大類のご案内
 
サービス内容

主に医療介護関係職種の方の相談をお受けしています。

相談への対応は看護師、社会福祉士がお答えします。

営業時間
9:00~17:00
お問い合わせ

027-395-0102

午前9:00 午後17:00

土、日、祝祭日、年末年始はお休みとなります。

ご相談は社会福祉士がお受けします。

 

〒370-0036 高崎市南大類町200-2 2階

高崎健康福祉大学訪問看護ステーション内

027-395-0102 027-395-0147

ページトップへ