お知らせ

お知らせ

<<戻る

活動報告2021-03-30 在宅医療・介護連携推進事業研修会 「眼科疾患について」配信が終了しました

令和2年度 在宅医療・介護連携推進事業研修会「高齢者に多い眼科疾患について学ぼう」の配信期間が終了しました。
今年度は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、研修会の形態を集合ではなく、動画配信の形式で開催いたしました。動画研修会の対象者は例年どおり、高崎市内の居宅介護支援事業所勤務の介護支援専門員、高齢者あんしんセンターの職員や施設介護職員等です。動画の配信期間を2週間程度設け、お申し込みいただいた方が好きな時間にどんな場所でも何度でも動画を視聴し学びを深めることのできる研修会といたしました。
第3回目の本研修会には、だるま眼科 院長 田邉 祐資先生を講師にお迎えし、第1部 「白内障について」、第2部「緑内障について」、第3部「正しい点眼薬の使い方」3本の動画を配信いたしました。

令和3年3月8日 ~ 令和3年3月29日の配信期間中、視聴お申し込み者82名、ログイン者45名、動画再生回数は、「白内障について」=75回、「緑内障について」=64回、「正しい点眼薬の使い方」=61回と多くの方に視聴いただくことができました。
参加者からは「命に関わる病気ではないけれど、生活の質には関わる病気で、罹患している方も多い病気でしたが、今までなかなか学ぶ機会がなかったので、今回はとても勉強になりました。」「点眼薬の使用方法について、よくわかりました。」「実際の見え方についての動画はとてもよかった。」など、ご意見をいただきました。参加者の皆様が研修会での学びを支援に活かしていただければ幸いです。

動画研修会は全4回が終了となりました。動画の配信というはじめての試みであったため、皆さまには不便をおかけすることも多くありました。私どもも、壁に当たっては、考えながら改善してゆきました。今回、新型コロナウィルス感染症の流行という不測の事態からの新しい研修形態の提供となりました。
 この研修形態が利便性や柔軟性があることを感じた多くの方が、今後も参加してゆきたいとのお声をくださっています。参加された方々に、この研修が有効であると感じて頂いたことは非常にありがたく、今後の研修会を考えるうえで大変に重要です。
 
 次年度の研修会も、動画配信で実施するとともに、連携を推進するための情報交換や情報共有のできる研修会を企画しております。まだまだ出向く研修会は難しいですが、できうる方法で繋がってゆければと考えております。
 今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

<<戻る
相談センター南大類のご案内
 
サービス内容

主に医療介護関係職種の方の相談をお受けしています。

相談への対応は看護師、社会福祉士がお答えします。

営業時間
9:00~17:00
お問い合わせ

027-395-0102

午前9:00 午後17:00

土、日、祝祭日、年末年始はお休みとなります。

ご相談は社会福祉士がお受けします。

 

〒370-0036 高崎市南大類町200-2 2階

高崎健康福祉大学訪問看護ステーション内

027-395-0102 027-395-0147

ページトップへ