お知らせ

お知らせ

<<戻る

活動報告2019-10-31 2019年度第3回在宅医療・介護連携推進事業研修会を開催しました


講義の様子


講義中ストーマをつけてもらいました!

 本研修会は、介護支援専門員の皆様が利用者様やご家族様と接する際やケアプランを作成する際に必要な医療的知識を習得し、介護支援専門員の質の向上を目標として企画致しました。
 今年度第3回の研修会は、「ストーマ」をテーマに、高崎健康福祉大学訪問看護ステーション管理者 皮膚・排泄ケア認定看護師 岡部美保先生に「ストーマってなに?基本から学ぼう。」と題しご講義頂きました。ストーマの基本から、ストーマを持ち実際に生活をされている方のお話しをいただきました。
当日は雨が降る中、居宅介護支援事業所から57名、高齢者あんしんセンターから10名、その他の事業所より2名と合計69名の方にご参加いただきました。
参加者の皆様からのアンケート内容からは、
・ストーマについての深い知識知れ、勉強になった。
・岡部先生の講義はとてもわかりやすく、理解が深められました。
・ストーマでも希望を持って生きていけるということが分かり、そのような支援をしていきたいと思った。
・今後、利用者を担当することになった際には、何を配慮すればよいのかがよくわかった。
といったお声をいただきました。参加者の皆さまは、実際のストーマを見たことのない方が多かったように思いますが、岡部先生の事例を多くの写真を交えながらお話しいただくことで、実際の状況が理解できたのではないかと思います。
また当日は男性3名のご協力いただき、研修開始時からストーマを好きな場所に貼付していただいておりました。講義終盤に、ストーマ貼付場所でどこのストーマなのか皆さんで答え合わせをし、3名の方には貼付してみての感想を頂きました。「違和感がない」という言葉が3名からあり、ストーマがあっても今と変らない生活ができるということを実感していただけたのではないでしょうか。

次回は、12月12日(木)は「在宅栄養」についての研修です。ご興味ある方は、是非お申し込みください‼詳細につきましては、当センターホームページ上の研修会ページをご確認ください。


■関連ページ : 第4回研修会申込みページ
<<戻る
相談センター南大類のご案内
 
サービス内容

主に医療介護関係職種の方の相談をお受けしています。

相談への対応は看護師、社会福祉士がお答えします。

営業時間
9:00~17:00
お問い合わせ

027-395-0102

午前9:00 午後17:00

土、日、祝祭日、年末年始はお休みとなります。

ご相談は社会福祉士がお受けします。

 

〒370-0036 高崎市南大類町200-2 2階

高崎健康福祉大学訪問看護ステーション内

027-395-0102 027-395-0147

ページトップへ