新着情報

在宅医療・介護連携推進事業

高崎市医療介護連携相談センター南大類とは

2025年を目処に、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、 住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、
在宅医療と介護を一体的に提供するために必要な支援を推進する事業です。
相談センター南大類では、2015年4月から高崎市より委託を受けて、 高崎市や高齢者あんしんセンターとし協働して医療介護に関わる関係機関・関係職種の
連携体制の構築支援を実施しています。

在宅医療・介護連携推進事業の項目としては

  • (ア) 地域医療・介護の資源の把握
  • (イ) 在宅医療・介護連携の課題抽出と対応策の検討
  • (ウ) 切れ目ない在宅医療と介護の提供体制の構築推進
  • (エ) 医療・介護関係者の情報共有の支援
  • (オ) 在宅医療・介護連携に関する相談支援
  • (カ) 医療・介護者の研修
  • (キ) 地域住民への普及啓発
  • (ク) 在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携の8個の取り組みからなっています。

高崎市医療介護連携相談センター南大類の取り組み

  • 相談業務

    主に医療介護関係職種の方の相談をお受けしています。相談への対応は看護師、社会福祉士がお答えします。

  • 医療介護連携にかかわる研修等の企画・運営

    主にケアマネジャー、高齢者あんしんセンター職員向けの研修を実施しています。

  • 社会資源ガイドブックの作成等

    介護サービス事業所等の情報が把握できる冊子を作成しています。

  • その他、在宅医療・介護連携に関する事業等

    在宅医療に関する公開講座を開催し、地域住民に向けて普及啓発を実施しています。

    
高崎市医療介護連携
相談センター南大類
お問い合わせ

ページトップへ